" />

東播

  • 印刷
動画一覧へ
2人並んでカットに臨む山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
拡大
2人並んでカットに臨む山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
互いの切った髪を見比べる山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
拡大
互いの切った髪を見比べる山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
カットに臨む山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
拡大
カットに臨む山田陽生君(右)と和花ちゃん=加古川市加古川町北在家
腰まで伸びた山田陽生君(右)と和花ちゃんの髪=加古川市加古川町北在家
拡大
腰まで伸びた山田陽生君(右)と和花ちゃんの髪=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市に住む山田陽生(ようせい)君(6)、和花(わか)ちゃん(5)きょうだいがこの夏、そろって腰の近くまで伸ばしていた髪を、ばっさり切った。目的は、けがや病気で髪の毛を失った子どもに、医療用ウィッグ(かつら)を無償提供する「ヘアドネーション」だ。新型コロナウイルス禍で遠出が難しい中、近場のヘアサロンで体験した“真夏の大冒険”。すっきりした2人は、ウィッグを必要とする子らとのつながりを意識した様子で、ともに長さ31センチの髪の束を見つめた。(広岡磨璃)

 陽生君は加古川小学校1年生で、和花ちゃんは保育園の年中児。陽生君は3年ほど前、七五三の写真撮影を目的に髪を伸ばし始めたが、父真吾さん(39)と母奏美(かなみ)さん(35)がヘアドネーションに興味を持った。言い聞かせるうちに本人も前向きになり、「きれいにしとかな」と自分でくしを通してきた。ストリートカルチャーが好きな真吾さんの影響を受けた陽生君の服装や自転車に、ロングヘアがよく似合っていた。

 陽生君が伸ばすのを見て、和花ちゃんも「私も(ヘアドネーションを)やりたい」と言いだした。ウエーブのかかった陽生君と、さらさらの和花ちゃんの髪に加え、自身もロングヘアの奏美さんは「お風呂上がりに3人分の髪を乾かすのは大変だった」と笑う。

 8月上旬、家族で同市加古川町北在家のヘアサロン「TEADA(ティーダ)」を訪れ、きょうだいが並んで椅子に座った。陽生君は少し緊張した表情で、鏡の自分にじっと見入る。和花ちゃんはうれしそうに、はさみの動きを追った。

 2人とも肩の辺りまでに切りそろえ、カットは終了。陽生君は「またやってみたい」、和花ちゃんは「(必要としている子らと)つながってる」と笑みを見せた。奏美さんは「誰かのために行動したことを思い返し、思いやりのある大人になってくれたらいいな」と目を細めた。

 ティーダの安大(あんだい)陽平代表によると、同店ではヘアドネーションを希望する客が増えているという。2人の髪は、店からライオンズクラブを通じて専門団体に送られ、子ども向けの医療用ウィッグとして役立てられる。

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ