東播

  • 印刷
優勝した加古川bbドリームの選手たち=CCPグラウンド
拡大
優勝した加古川bbドリームの選手たち=CCPグラウンド
決勝の激戦を終えた播磨少年クラブ(手前)と加古川bbドリームの選手ら=神戸市西区岩岡町岩岡、CCPグラウンド
拡大
決勝の激戦を終えた播磨少年クラブ(手前)と加古川bbドリームの選手ら=神戸市西区岩岡町岩岡、CCPグラウンド
加古川bbドリーム-播磨少年クラブ 三回表、本塁打を放って仲間に迎えられる岩井蓮選手(中央)。四回にも連続となる本塁打を決めた=神戸市西区岩岡町岩岡、CCPグラウンド
拡大
加古川bbドリーム-播磨少年クラブ 三回表、本塁打を放って仲間に迎えられる岩井蓮選手(中央)。四回にも連続となる本塁打を決めた=神戸市西区岩岡町岩岡、CCPグラウンド

 兵庫県内45チームで争う「第35回全兵庫少年野球選手権大会」(全兵庫少年野球連盟主催、神戸新聞社後援)の準決勝と決勝が28日、神戸市西区岩岡町のCCPグラウンドであった。加古川bbドリーム(加古川市)が16-5で播磨少年クラブ(播磨町)を下し、10年ぶり2回目の優勝を果たした。

 決勝では、加古川が三回、打者一巡の猛攻で8点を奪い、その後も加点。先発の難波伸太朗投手(12)が好投し、四回から投げたエース山田聡哉(さとや)投手(12)も1点に抑えた。2打席連続の本塁打を放った岩井蓮選手(12)は「人生初。狙ってたので、めっちゃ気持ち良かった」と喜んでいた。

 準決勝では、福崎野球スポーツ少年団(福崎町)が播磨に敗れた。また西明石モンキーズ(明石市)は加古川との試合を棄権した。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ