東播

  • 印刷
絶滅が危惧されているサンショウモ=加古川市平岡町一色
拡大
絶滅が危惧されているサンショウモ=加古川市平岡町一色

 絶滅が危惧され、県版レッドデータブックのAランクに指定されている水生シダ植物「サンショウモ」の自生地が、兵庫県加古川市平岡町一色のため池「三ツ池」に広がっている。丸みを帯び、サンショウに似た葉が水面に連なる。

 池や沼、水路、水田などに浮遊する一年草。秋になると葉の裏側に3ミリほどの胞子を付ける。植物本体が枯れた後は胞子が水中で冬を越し、春に発芽して大きくなる。

 東播地域で観察を続ける大路敬子さん(74)=稲美町=によると、他の水生シダ植物に押されるなどして生息地が減り、自生地は極めて珍しいという。大路さんは「貴重な植物を末永く見られるよう、水のきれいな環境を保ちたいですね」と話す。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ