東播

  • 印刷
健康食材として注目されているオカワカメ=稲美町中村
拡大
健康食材として注目されているオカワカメ=稲美町中村

 中国から長寿の薬草として伝わり、「雲南百薬(うんなんひゃくやく)」とも称されるつる性植物「オカワカメ」(アカザカズラ)が、兵庫県稲美町で栽培されている。カルシウムや亜鉛、ビタミンAなどが豊富で、葉はゆでるとワカメのような食感になることから、みそ汁の具やおひたしなどに向いている。

 元小学校長の大西敬一郎さん(80)が5年ほど前に知人から球根をもらい、自宅の畑で栽培。竹で組んだ棚につるが絡まって伸び、大人の手のひらほどに大きくなった葉は6~10月に収穫できる。秋になると養分を蓄えた肉芽「ムカゴ」が枝分かれする部分にでき、こちらも食用になる。

 葉を加熱すると粘り気が出て、ぬるぬるしたワカメのような食感に。定期的に食べているという大西さんは「80歳になっても元気に畑仕事ができるのは、オカワカメのおかげかもしれない」と話す。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月19日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ