東播

  • 印刷
5色のヒガンバナが同時に咲く境内=円照寺
拡大
5色のヒガンバナが同時に咲く境内=円照寺
5色のヒガンバナが同時に咲く境内=円照寺
拡大
5色のヒガンバナが同時に咲く境内=円照寺

 秋の深まりを告げるヒガンバナが、兵庫県加古川市志方町広尾の円照寺境内を彩っている。一般的な赤をはじめ、白、黄、ピンク、オレンジの計5色約1500株が広がり、参拝者らの目を楽しませている。

 上月(こうづき)義宗住職(74)が20年ほど前に栽培を始め、珍しい品種をインターネットで購入するなどして増やしてきた。今年は、ヒガンバナとしては非常に珍しいピンクの株が、例年より10日ほど早く9月上旬に開花。続いてオレンジ、黄、白、赤と彩りを増してきた。

 ピンクやオレンジはやや少なくなりつつあるが、白、黄、赤の株はまだ数多く咲いている。姫路市から来た女性は「赤のイメージが強い花だけに、いろんな色で咲いているのは壮観ですね」と話した。

 25日ごろまで観賞できる。同寺TEL079・452・2067

(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ