東播

  • 印刷
リハーサルで、和太鼓の演奏とともに歌う東播センター合唱団メンバーら=加古川ウェルネスパーク
拡大
リハーサルで、和太鼓の演奏とともに歌う東播センター合唱団メンバーら=加古川ウェルネスパーク

 兵庫県の東北播地域の市民らでつくる混声合唱団「東播センター合唱団」が発足60周年を迎え、記念コンサートを23日午後1時半から、同県加古川市東神吉町天下原の加古川ウェルネスパーク・アラベスクホールで開く。平和を願い、世界の名曲を歌うコーナーなど、4部構成で計約20曲を披露する。(広岡磨璃)

 合唱団は、戦後日本で広がった合唱による平和運動「うたごえ運動」の流れをくみ、1961年に発足。合唱祭や自主公演で歌声を披露するほか、高御位(たかみくら)山や加古川をテーマにした楽曲の創作、和太鼓など、幅広く活動してきた。

 現在、団員は23人。40~80代と高齢化しているが、週1回の練習や毎月、市民と歌う会を楽しむ。西本好道団長(73)=高砂市=は「合唱団は還暦までよく続けてこられた。命が大切にされ、一人一人が尊重される社会を願って歌い続けたい」と話す。

 コンサートは交流のある合唱団やプロの打楽器奏者が客演。和太鼓演奏とともに合唱する「生命(いのち)の詩(うた)」、「帰れソレントへ」といった各国の歌、シンガー・ソングライターさだまさしさんの曲などを披露する。

 無料。21日までに申し込みが必要。住所、名前、電話番号、メールアドレス、人数を西本さん(TEL079・254・1635、ファクス兼用)へ伝える。定員に達し次第、締め切る。

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ