東播

  • 印刷
「だがし屋キューブ」を営む(左から)のじぎく高砂の井上恒夫理事長、ルミエール利用者の赤松大輔さんと、企画に携わった日の出医療福祉グループ「奉志会」副理事長の松尾太郎さん=稲美町国岡
拡大
「だがし屋キューブ」を営む(左から)のじぎく高砂の井上恒夫理事長、ルミエール利用者の赤松大輔さんと、企画に携わった日の出医療福祉グループ「奉志会」副理事長の松尾太郎さん=稲美町国岡

 兵庫県稲美町国岡の大西メディカルクリニック内に、障害者が接客する駄菓子店「だがし屋キューブ」がある。オープンから4カ月。店頭には個包装のガムやスナック菓子など約160種類が並び、地元の小学生らが好きな商品を選ぶ姿が定着してきた。(若林幹夫)

 商品の陳列やレジ打ちを担当するのは、同町六分一の就労継続支援B型事業所「ルミエール」の利用者たち。20~40代の男女4人が交代で事業所職員と一緒に店に立つ。商品の値段は子どもたちがお小遣いの範囲内で買い物でき、計算しやすいように5円か10円単位に設定。幅広い世代に利用してもらおうと、大手コーヒーチェーン店で使われている機器を導入し、カフェコーナーも併設している。

 店番を担当する男性(29)は「最初は商品の値段を覚えるのが大変だったけど、子どもたちがグループになって選んでいるのを見るのが楽しい」と話す。

 ルミエールなど障害福祉サービス事業を手掛けるNPO法人「のじぎく高砂」(同県高砂市)は、同クリニックが所属する日の出医療福祉グループの賛助会員。駄菓子店は8月、障害者の働く場を確保しながら地域に貢献するために開店した。2階には子どもらが自由に使える自習室もある。午前10時~午後5時。日曜定休。

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ