東播

  • 印刷
3回目のワクチン接種を受ける潤井誠司郎院長補佐=加古川中央市民病院
拡大
3回目のワクチン接種を受ける潤井誠司郎院長補佐=加古川中央市民病院

 医療従事者への3回目の新型コロナワクチン接種が13日、東播地域の公立病院では初めて、兵庫県加古川市加古川町本町の加古川中央市民病院で始まった。4月に2回目を受け、8カ月以上経過した同病院の職員約950人が、今月22日までの平日8日間に接種を受ける。

 医療従事者への接種事務は、2回目までは県が担ったが、3回目からは市町が担当。同病院では、市から届いた米ファイザー製を使用した。

 院内のホールで、職員が順に医師の問診を受け、看護師から腕に注射された。副反応で業務に支障が出ないように、各職場内で職員が分散して接種を受ける。

 同病院はコロナの軽症、中等症、重症の患者に対応し、小児や妊婦の入院も受け入れている。脳神経外科医の潤井(うるい)誠司郎院長補佐(64)は「感染状況は国内で沈静化しているが、海外では拡大している。オミクロン株についても詳しく分かっておらず、地域住民の健康を守るため、気を緩めてはいけない」と話した。

 市内の他の病院でも、今月中に順次、職員向けの接種が始まる。病床を持たない診療所の職員らには、市が来年1月から集団接種を行う予定。(斉藤正志)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ