東播

  • 印刷
浅瀬で餌をついばむコウノトリの群れ=野田池
拡大
浅瀬で餌をついばむコウノトリの群れ=野田池

 国の特別天然記念物コウノトリが一度に40羽以上、兵庫県加古川市志方町岡の野田池に飛来した。同池には2020年度も、東播磨地域(加古川、高砂、明石市、稲美、播磨町)にあるため池で最多の31羽が訪れており、餌場として定着しつつあるようだ。

 地元の住民によると、21日に30羽以上、22日には40羽以上が訪れた。池の周囲を散歩する住民や写真愛好家が、餌をついばむコウノトリの群れにじっと視線を注いでいた。

 同池は広さ2.1ヘクタールで、県が05年までに約2億円かけて改修し、地元の岡水利組合が管理。秋に水が抜かれ、翌年1月末には田植えに向けて水をため始めるため、それまでの浅瀬が餌場となっている。

 地元町内会長を務める上野忠啓(ただひろ)さん(75)は「コウノトリが来始めて4年目になるが、数がぐっと増えてきてうれしい」と話した。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ