東播

  • 印刷
リニューアルオープンした稲美中央公園「こどもの国」で遊ぶ子どもたち=稲美町国安
拡大
リニューアルオープンした稲美中央公園「こどもの国」で遊ぶ子どもたち=稲美町国安

 兵庫県稲美町国安にある稲美中央公園内の「こどもの国」が、リニューアルオープンした。遊具の老朽化が目立っていたため、同町が昨年9月から工事していた。新たにターザンロープや車いすのまま上れる滑り台などを設け、年代や障害の有無に関係なく遊べる遊具がそろう。

 同公園の遊具は設置から30年以上経過し、町は安全確保のために更新を決めた。それに合わせて住民や町議から、誰もが分け隔てなく楽しめる「インクルーシブ遊具」の導入を求める声もあったという。

 今回13の遊具を新設し、三つの遊具もリニューアル。既存のものを含めると全19基となった。頂上にフクロウがあしらわれた高さ約8メートルの複合遊具は、ローラースライダーなど計3種の滑り台が楽しめる。新設のターザンロープは全長20メートル。シーソー、ブランコも新しくなった。

 通路もベビーカーなどを押して歩けるように舗装し、駐車台数も34台増やした。トイレは洋式とし、手洗いの蛇口も自動水栓化。リニューアルや周辺整備の総工費は1億7300万円。

 1日のオープン初日に訪れた女性=同町=は「ベビーカーで公園に入れるようになり、便利になった」。長女(12)は「ローラースライダーがこれまでよりも滑りやすくなったし、むっちゃ楽しい」と笑顔だった。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ