東播

  • 印刷
練習前の準備は入念だ。股関節をやわらかくする体操をこなす部員たち=トップランテニスカレッジ石守校
拡大
練習前の準備は入念だ。股関節をやわらかくする体操をこなす部員たち=トップランテニスカレッジ石守校
数学の問題を解くテニス部員。ほぼ全員がテニスシューズを履き、午後からの練習に備えてラケットを持ち込む生徒も=相生学院高校加古川校
拡大
数学の問題を解くテニス部員。ほぼ全員がテニスシューズを履き、午後からの練習に備えてラケットを持ち込む生徒も=相生学院高校加古川校
得意のサービスを放つ若松泰地さん。1年生の期待の星だ=トップランテニスカレッジ石守校
拡大
得意のサービスを放つ若松泰地さん。1年生の期待の星だ=トップランテニスカレッジ石守校
激しい練習を終え、寮で両親と携帯のテレビ電話で会話する副主将の高畑里樹さん。壁には東京のテニス仲間が書いてくれた寄せ書きが掛かる=加古川市内
拡大
激しい練習を終え、寮で両親と携帯のテレビ電話で会話する副主将の高畑里樹さん。壁には東京のテニス仲間が書いてくれた寄せ書きが掛かる=加古川市内
高畑里樹さんの部屋には、両親や愛犬を写した写真に加え、母親が応援のために作ってくれたプレー写真のうちわもあり、心の支えとなっている=加古川市内
拡大
高畑里樹さんの部屋には、両親や愛犬を写した写真に加え、母親が応援のために作ってくれたプレー写真のうちわもあり、心の支えとなっている=加古川市内

 初夏を思わせる日差しの下、ラケットからはじかれた黄色いボールがコートを高速で飛び交う。全国大会の優勝を重ねる名門・相生学院高校テニス部(兵庫県加古川市)。本校は同県相生市にあるが、同部員は加古川市内のテニスクラブを拠点に活動し、全国から集まった男女71人がしのぎを削る。これまでにプロ選手13人を輩出。卒業後に米国の大学を目指す選手も多く、合言葉は「加古川発、世界」だ。部内の競争にもまれながら成長する高校生たちの一日を追った。(笠原次郎)

 同校は構造改革特区の認定を受け、加古川市のシステム開発会社「富士コンピュータ」が運営。2008年に相生市内に開校した。通信制がメインで、国内外の29拠点で約600人が学ぶ。

勝つには頭も必要

 テニス部員は通信制ではなく、平日の午前中は加古川校(加古川市加古川町北在家)で授業を受ける。新学期が始まったばかりの4月20日、1年の男女28人は数学の基礎力診断テストを受けていた。その中で涼しい顔でペンを走らせていたのは、名古屋市で10日ほど前に開かれた全国大会シングルスで準優勝した若松泰地さん(16)=滋賀県出身=だ。全19問のうち8割正解したが「解けるけど、テニスの方が好きだ」と話す。

ハイレベルの練習

 部員は、授業が5時間目まである月、金曜以外の午後、部総監督の荒井貴美人(きみと)さん(67)が社長を務める「トップランテニスカレッジ」の石守校(加古川市神野町石守)へ自転車で移動する。コートは14面もあり、5時間の練習に励む。

 若松さんは前日に続き、1年生の中でのランキングを決めるシングルスの練習試合に臨み、25人の総当たり戦で勝ち星を重ねた。

 この試合結果で序列が付き、その後は強さが同レベルの4人がグループを組んで対決。その勝敗によってさらに順位は変動する。常に競争にさらされ、向上心が刺激される環境だ。

 男子テニス部の大崎翔平監督(31)は、若松選手について「相手の弱点を見抜いて攻撃する能力が、ほかの選手より秀でている」と評価する。なるほど、数学の高得点も納得がいく。本人は相生学院への進学について「コートの面数が多いから練習量が多く、上手な人がいっぱいいるので、強くなれると思った」。

 入学前から定期的に練習に来て、レベルの高い先輩の力強い打球に順応したおかげで早速、全国大会準優勝という結果を出せた。中学時代は全国大会のベスト8が最高記録だった。体力的にきつい日もあるが、学校へ行くと仲間の部員との会話で元気が出て、その流れで練習に励める。将来は米大学への留学を目指す。

兄弟で全国3連覇

 3年の副主将高畑里樹(りき)さん(17)は東京都出身。兄里玖(りく)さん(20)は相生学院で全国選抜高校テニス大会団体戦の優勝に貢献し、里樹さんも同大会の団体戦にダブルスで出場して連覇を達成した。

 同部が成し遂げた優勝6回のうち、半分に兄弟が関わった。里樹さんの2連覇を見届けた父母は「親孝行してくれたね」と涙を流して喜んでくれたという。

 20日の練習後の夜、記者は加古川市内の里樹さんのワンルームマンションへ。里樹さんは携帯のテレビ電話で父母に近況を報告し、「野菜をしっかり食べて」と食生活を心配する母に笑顔を返した。

 高畑兄弟は中学時代、全国的に有名ではなかったが、相生学院で厳しい練習に耐え、全国の頂点に立った。兄は東京の早稲田大学テニス部で活躍しており、弟も再び後を追う。

 「3歳違いなので、僕が入学できれば4年生の兄と一緒に団体戦に出られる」。憧れだった兄と「戦友」になる日を夢見る表情は輝いていた。

東播スポーツ
東播の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ