東播

  • 印刷
豊かな水の恵みを願った弁天祭=加古大池(提供)
拡大
豊かな水の恵みを願った弁天祭=加古大池(提供)

 田植えシーズンを前に、水に恵まれ稲が育つよう祈る神事「弁天祭」が、兵庫県稲美町加古の加古大池であった。農業用水などを管理する県加古土地改良区の役員約20人が、同池に祭られた水の神「弁財天」に祈願した。

 同池は江戸時代、加古地区の新田開発に伴い築造され、満水面積は約49ヘクタールを誇る県内最大のため池。周辺の田んぼ計約300ヘクタールに水を供給している。神事は約100年前から執り行っているという。

 神事では、同池の土手に祭壇を組み、野菜や米、酒などを奉納。近くの加古八幡神社の中嶋邦弘宮司(75)が祝詞を読み上げて、十分な水が確保できるよう祈った。

 同土地改良区の山口剛(かたし)理事長(77)は「水が少なくなる8月中旬から9月にかけて、水量に恵まれてほしい」と話した。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ