企業・団体一覧

神戸地下街株式会社、生活協同組合コープこうべ、株式会社サンテレビジョン、ネッツトヨタゾナ神戸株式会社、株式会社ラジオ関西にも、ご参加いただいています。

株式会社NTTドコモ

神戸支店長

長妻 大育


神戸支店長
長妻 大育

社会課題の解決めざす

―コロナ禍でどのような影響がありましたか。

 当社は、端末の利用を通じて回線を提供する通信キャリアの事業体ですが、ここ数年は、回線にAIやIoTなどの技術を組み合わせて、お客さまの社会課題を解決し、生活スタイルを革新するソリューション提供企業へと変革を遂げつつあります。この1年はコロナ禍に伴い、企業においてはリモートワーク化が一気に進み、勤怠管理や社員間の連絡ツールなども併せて提案する機会が増えました。

―県内での取り組みにはどのようなものがありますか。

 例えば、まちづくりに関しては、防災や安全に関する提案が増えています。神戸市で、定点ワイヤレスカメラを川に設置し、従来はカバーしきれなかった中小河川の様子をリアルタイムで把握したり、ゲリラ豪雨などの降雨による河川の水位変化を遠隔で監視したりする実証実験に取り組みました。市バスにAIを搭載した通信型スマートドライブレコーダーを搭載し、市バスの運行状況をデータ化、可視化することで安全運行につなげるための実証実験もしました。

―新たなソリューション事例はいかがですか。

 例えば製造業における人手不足や技能承継の問題を解決する手法として、AR(拡張現実)グラスを通じて現場の作業者が見ている機械の様子を熟練技能者の端末に映し、遠隔から技術支援できるシステムがあります。また、農業や漁業の現場で気温や海水温などのデータを監視し、野菜や海藻類の生育状況を遠隔で管理できるシステムも使われています。今後は、「高速・大容量」「低遅延」「多数端末との接続」という特長を持つ5Gの活用によりこれらのシステムがより快適に使えるようになります。これからも、人々の暮らし、企業の事業活動がもっと便利で、快適になる提案を続けていきます。

法人概要

高速大容量・低遅延の5Gならリアルタイムでの的確な支援が可能
所在地〒651-0088 神戸市中央区小野柄通4の1の22、アーバンエース三宮ビル3階(神戸支店)
TEL078・271・6702
設 立1991年
事業内容通信事業、スマートライフ事業、その他事業
資本金9496億7900万円(2020年3月31日現在)
売上高4兆6513億円(2019年3月期)
従業員数8100人(20年3月31日現在、グループ全体27558人)
支社・支店・工場本社および国内8支社
ホームページhttps://www.nttdocomo.co.jp