企業・団体一覧

神戸地下街株式会社、生活協同組合コープこうべ、株式会社サンテレビジョン、ネッツトヨタゾナ神戸株式会社、株式会社ラジオ関西にも、ご参加いただいています。

TOA株式会社

代表取締役社長

竹内 一弘


代表取締役社長
竹内 一弘

社会が求める音を追求

―新しい生活様式における取り組みに積極的です。

 在宅勤務やウェブ会議で音質が気になったり、レジや窓口で聞こえづらさを感じたり…。社会が音を強く意識するようになった影響で、「届けたい人に音がしっかり聞こえる」を追求する当社の音響事業への関心が高まっています。
 また昨年12月にグランドオープンした新研究開発拠点「ナレッジスクエア」(宝塚市)では、パーティションを挟んだ会話をしやすくする小型の双方向拡声システムも新たに開発。ユーザーから寄せられた声を元に3カ月でスピーディーに商品化し、商業施設や自治体などに納めています。  ナレッジスクエアはユーザーや取引先、大学や研究所など社外の人と意見を交わしながら研究開発する「共創の場」。ここから、ニューノーマル時代に求められる商品開発をさらに進めていきます。

―中期経営計画(2018~20年度)の総括と今後の展望を。

 今中計では、世界各地域でのマーケティング機能を強化し、それぞれの市場ニーズに応えた商品開発の加速と販路の拡充に注力。国内では減災・防災分野向けのスピーカーの売り上げが好調でした。
 新型コロナが市場に与える影響はもう1~2年残るとみられます。ただ日本国内では減災・防災分野で事業が継続され、海外でもコロナの影響が少なく好調だったベトナムや台湾など、実績が前年を上回った国や地域もあります。
 また中国や台湾、インドネシアなどの海外拠点で現地の開発者を育て、ローカル向けの商品を企画して生産・販売するという仕組みづくりは目標通り達成しました。現地の技術力をしっかり向上できたので、21年度以降はナレッジスクエアからリモートで各地域の情報を集約し、より短期間での開発・生産ができるような一段階上の体制を築いていきます。

法人概要

グランドオープンした新研究開発拠点「ナレッジスクエア」
所在地〒650-0046 神戸市中央区港島中町7の2の1
TEL078・303・5620
創 業1934年
事業内容拡声放送機器、通信機器、その他情報伝達機械器具の製造販売、音響機器、映像機器、その他電子・電気機械器具の製造販売など
資本金52億7900万円
売上高連結450億6800万円、単体317億1300万円(2020年3月期)
従業員数連結3312名、単体820名(20年3月31日現在)
支社・支店国内31カ所
関連会社国内4社、海外19社
ホームページhttps://www.toa.co.jp/