東播

  • 印刷
隠樹圭子氏
拡大
隠樹圭子氏

■人「ど真ん中」の政治へ

 神戸市で2017年市議補選、19年市議選に立候補したが落選。今回、初めて国政に挑む。県内小選挙区からの立候補を党本部から打診され、「強い相手と戦いたい」と、前職が強固な地盤を持つ選挙区を志願した。

 阪神・淡路大震災では自宅が半壊し、救助や支援が届かない現実に直面。約20年勤務した介護現場では、職員の疲弊や、望む最期を迎えられない高齢者に接してきた。政治不信に陥り、自ら立つも夢破れたが、「あなた」と共に政治を変えよう-という党のメッセージを見て号泣。「人を『ど真ん中』に置いた政治」を目指し再起した。「経済のために人が右往左往している現状を変えたい」と語る。

 昨年9月に移り住んだ兵庫10区は「都市と自然が近い。食だけでなく、雇用などさまざまな『地産地消』が成り立つ地域」とみる。花嫁の白無垢(むく)を意識した白い服は、地縁のない選挙区に骨をうずめる決意の表れだ。

 座右の銘「和を以(もっ)て貴(とうと)しと為(な)す」は「熟議こそが政治の本質」と解釈する。休日は日帰り温泉へ。農産物直売所をのぞくのも楽しみだ。(広岡磨璃)

 【メモ】隠樹圭子(おき けいこ)1971年、神戸市東灘区生まれ。大阪芸術大芸術学部卒業後、タレントとして活動し、NHK連続テレビ小説にも出演。介護福祉士の資格を持ち、会社役員も務めた。

 【特集ページ】衆院選2021

東播選挙衆院選兵庫特集10区
東播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ