東播

  • 印刷
掘井健智氏
拡大
掘井健智氏

■やり直せる社会つくる

 -地方議員の活動の中で見えてきた地域の課題は。

 「コロナ禍では、休業や時短などの協力金の給付率が十分なレベルに達していない。事業者が毎月の支払いをどうクリアするのか-といった切実な問題を法改正などによって解決したい」

 -活動の実感とポリシーは。

 「政治家は困窮する人に光を当て、助けなければ。役所は最低限しかやらないから。これまで、厳しい状況にある人のために対策をしっかりと考えてきた。県議でいたほうが無難だが、あえてチャレンジし、失敗してもやり直せる社会をつくりたい」

 -兵庫10区の課題は。

 「工業製品の出荷額が県内でも有数だが、混雑する道路が流通を妨げている。神戸市から太子町まで結ぶ『播磨臨海地域道路』や加古川と小野を結ぶ『東播磨道』の完成も急ぐ。加古川は洪水に備えるため、湾岸整備を計画的に実施したい」

 -県議の任期が残っていた。

 「10区の課題を解決するには、国政で法律を変える必要がある。地方議員では活動に限界があり、地域の皆さんの課題を国会議員として解決したい」

(聞き手・笠原次郎)

 【特集ページ】衆院選2021

東播選挙衆院選兵庫特集10区
東播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ