• 印刷

 今月15日に開かれる「第5回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)の出走権3件が、インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」に出品されていたことが2日、分かった。落札されなかったとみられるが、実行委員会事務局は代理出走や権利譲渡の禁止を呼び掛けている。

 同事務局によると、10月下旬に出品を確認。フルマラソン(42・195キロ)の参加料は1万300円だが、同様の値段でオークションに出されていた。受付時の本人確認のため、「住民票を貸し出す」との記述もあった。事務局はサイトの管理者に違反商品と報告した。

 神戸マラソンは不正があれば出場を取り消し、今後の参加を認めないことを定めている。出走権の出品は昨年もあり、事務局は「代理出走は緊急時に本人確認ができず、大変危険。安全安心な大会運営に協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

 今大会のフルは定員1万8千人に対し7万8019人が応募し、抽選倍率は4・3倍だった。

(上田勇紀)

2015/11/3

天気(10月31日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ