連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

120 WORKPLACE KOBE

  • 印刷

 神戸新聞社は7月、ITを活用した起業家らを支援するため、コワーキングスペース(共有オフィス)を併設した兵庫県内最大級の会員制レンタルオフィス「120(イチ・ニ・マル) WORKPLACE(ワークプレイス) KOBE」を、神戸市中央区磯上通4の1の14、三宮スカイビル6~8階に開業する。神戸市で2年半、成長型起業家支援や革新的ビジネス創出に取り組んだ「神戸スタートアップオフィス事業」を展開したノウハウを生かし、地域の活性化や雇用創出に貢献していく。

 会員制レンタルオフィスは、3フロアで延べ770平方メートル。6、8階は、24時間利用可能なレンタルオフィス(32室)、7階はカフェ機能を備えたコワーキングスペース(約40席)、大小3つの会議室を整備した。

 情報発信に強みを持つ地元メディアならではの特徴が、撮影スタジオだ。事業拡大に日々のニュース発信は大切な手段だが、起業家にとってはハードルが高く、負担も大きい。撮影した写真は、SNSでの即時発信だけでなく、媒体資料でも使えるよう、照明などの機材にもこだわった。

 ITを中心とした起業家やその卵たちが、オフィスやコワーキングスペースでネットワークを形成し、情報交換、協業しながら、ビジネス創造につなげる狙い。ネットワーク内の事業者同士で、共同企業体を組み、プロジェクトに乗り出すことも可能だ。

 大手やIT、地元企業、金融機関がサポート企業に名を連ね、専門家とともに、入居、利用する事業者からの相談にも応じる。

 IT事業者には、半額の賃料と通信回線費に加え、定額の人件費が補助される兵庫県と神戸市の制度が受けられ、オフィスでは、その申請をサポートする。レンタルオフィスの法人登記は無料となる。

▼アーバンイノベーション神戸 スタートアップ支援事業を継続

 「120 WORKPLACE KOBE」は、ITを活用した神戸市の地域課題解決事業「アーバンイノベーション神戸」の拠点ともなり、専門家による指導やセミナー、イベントも開催していく。

 指導の中心は、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科の西本凌教授が務める。「神戸スタートアップオフィス事業」でプログラム統括者を務めるなど、実務経験が豊富で起業家育成に定評がある。同事業では2年半に29社を支援し、メンタリングにより、業績を飛躍的にアップさせた企業もあった。

 2018年度からは、このノウハウを生かしながら、一歩進んだアクセラレーションプログラムを展開する。地域課題をIT起業家と連携しながら解決していくことになり、起業家育成と行政課題の解決という「一石二鳥」を狙う事業で、NPO法人コミュニティリンク(宝塚市)と神戸新聞社が運営を担う。

 マンションと一戸建て住民の交流促進▽子育てイベントの広報▽路線バス車両の位置情報サービスの全社統一▽事務員を介さないコミュニティー交通の利用予約システムの実現▽区役所の窓口案内業務の円滑化▽診療報酬明細書の確認作業の効率化▽子宮頸(けい)がん健診の受診率向上▽三宮再整備への市民の関心を高める-の八つが課題で、提案内容を踏まえてそのうち五つを実行に移す予定。

▼IT起業家等集積支援事業

 ITを活用するなどした起業家には、兵庫県と神戸市の協調事業により、賃料や施設使用料、通信回線使用料の半額と人件費が年間200万円(定額)補助される。期間はいずれも3年間。

 補助は、①高度IT技術などを活用し、今後の成長が見込まれる3年以上の事業計画がある②同等の事業の経験・実績、または知識・能力があるなど、新たなビジネス・イノベーション創出が可能な法人、個人-の両方を満たすことが条件。

 年間上限額は、賃料と施設使用料が90万円、通信回線費は60万円。事務機器を開設時に取得した場合は、50万円の補助が出る。人件費は、エンジニアなどの高度IT人材のみが対象となる。

 補助申請については、神戸新聞社がレンタルオフィス内で随時、丁寧なサポートを行う。

▼「新たな地域貢献の形」 関西学院大学大学院 経営戦略研究科教授 西本凌氏

 地元メディアが、ベンチャーを切り口に、新規事業に乗り出したことが意義深い。神戸新聞社はこれまで、記事や事業だけでなく、多彩な形の地域貢献事業を展開してきたが、この会員制レンタルオフィスは、別の角度からの地域貢献であり、地方紙の新たなビジネスモデルである。

 IT関連の起業家やベンチャー企業は、東京に集中している。神戸ではまだ少ないが、約2年半前から神戸スタートアップオフィス事業で、起業家の支援、育成に取り組んでいる。今回のレンタルオフィスは、起業家をコンサルタントする側面もあり、一歩踏み出した形。支援するパートナー企業との連携により、入居者や利用者のビジネスは磨かれていく。よく練られた戦略だ。

 新興のITベンチャーの育成が進めば、地元メディアとの協働で、新たな事業構築の種が生まれる。ビジネス創出、地域活性化に向け、大いに期待している。(談)

〈営業時間〉

 10~21時(土曜は18時まで)。日祝日は休み、イベント開催は可能。レンタルオフィスは24時間利用可能

 最新情報はサイト(http://120workplace.jp/)やフェイスブックで発信。

2018/6/7

天気(12月10日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ