連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

120 WORKPLACE KOBE

  • 印刷
観光甲子園について説明する江藤誠晃さん=神戸市中央区磯上通4、120WORKPLACE KOBE
拡大

観光甲子園について説明する江藤誠晃さん=神戸市中央区磯上通4、120WORKPLACE KOBE

観光甲子園について説明する江藤誠晃さん=神戸市中央区磯上通4、120WORKPLACE KOBE

観光甲子園について説明する江藤誠晃さん=神戸市中央区磯上通4、120WORKPLACE KOBE

 高校生が観光プランを競う「全国高等学校グローバル観光コンテスト2019」(観光甲子園)が神戸を拠点に開催される。国内と海外(ハワイ)の2部門で動画制作やオンライン教育を通し観光を学ぶ。

 神戸観光局、神戸山手大学が協賛、神戸新聞社も協力する。神戸市で決勝大会(来年1月)があり、関連イベントも展開。生徒たちを育成、指導していく。

 若者に人気の3分間動画で審査。海外部門は、ハワイ島での次世代観光プランがテーマ。予選を通過した5組10人がハワイを訪れ、動画制作に挑戦する。フライト代、滞在費は運営側が負担する。国内部門のテーマは、あなたの地元に訪日観光客を呼び込むプラン。3~5人のチームで、50組が決勝に進む。

 主催する一般社団法人「NEXT TOURISM」の江藤誠晃理事(55)は「観光のまち神戸はまだまだ伸びしろがある。観光甲子園を通じ、盛り上げたい」と話した。

 募集は4月20日から。海外は6月10日まで、国内部門は同30日まで受け付ける。問い合わせはwww.nexttourism‐contest.jp(篠原佳也)

2019/3/29

天気(12月10日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ