連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

120 WORKPLACE KOBE

  • 印刷

 神戸市職員とIT系スタートアップ(成長型起業家・企業)が社会・地域課題の解決に取り組む全国初の事業「アーバンイノベーション神戸」(UIK)の市民向け成果報告会が3月17日午前10時~正午、神戸市中央区磯上通4、会員制レンタルオフィス「120 WORKPLACE KOBE」で開催される。

 UIKは、近郊にシリコンバレーがあるサンフランシスコ市の取り組みをモデルに2017年度にスタート。先端技術を活用し、市民サービス向上や市役所業務の効率化に取り組む。NPO法人コミュニティリンクと神戸新聞社が事業運営し、報告会も共催する。

 報告会は、市民にUIK事業の応援団になってもらい、スタートアップ支援事業の機運を地域全体で盛り上げようと企画。18年度上期で活動したレセプト(診療報酬明細書)のチェック自動化、東灘区役所の窓口案内効率化など六つのテーマで活動報告する。市民からの質疑応答、課題に取り組んだ職員や企業との交流会もある。

 神戸市企業立地課は「全国から注目されるプロジェクトを市民とともに盛り上げる機会をつくりたい」としている。

 無料。先着50人。申し込みはメールで。氏名、UIKで関心ある課題、今後取り組んでほしい課題を記入し、120workplace@gmail.comへ。120ワークプレイス神戸TEL078・806・8651

2019/3/12

天気(12月10日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ