連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

  • 印刷

 「産業革命」は教科書の中の出来事だと思っていた。

 最初の産業革命は18世紀後半から19世紀初頭にかけ、蒸気機関の発明により起きた。軽工業から重工業中心となった第2次、コンピューターが進化した20世紀後半の第3次を経て、現在が第4次と位置付けられる。

 人工知能(AI)が自ら学習することで、人のような複雑な作業ができる。自動運転、ロボット…。昔のSF映画のような世界が、どんどん現実になっている。

 自治体でもAIやITを活用した事業が進む。神戸市では、市職員とスタートアップ(新興企業)が地域や行政の課題解決を目指す「アーバンイノベーション神戸」(UIK)に取り組む。最新テクノロジーを使い、区役所の窓口案内やレセプト(診療報酬明細書)のエラー確認など、業務の効率化を目指す。

 気になった場面がある。コミュニティーバスの予約操作をデジタル化する実証実験に立ち会ったが、高齢者が想像以上にタブレット、スマホを使えなかった。慣れないためか、指を押す強さや滑りのスピードが合わず、タッチスクリーンがうまく動作しないのだ。

 現在、スマホを使いこなす世代もいずれ年老いる。その頃には新たな端末、機器が主流になり、同じ問題が起きるだろう。

 テクノロジーは人を幸せにするものだ。高齢者を置き去りにしてはいけない。

 「フィンテック」「ヘルステック」、メディアで金融や健康とテクノロジーを掛け合わせた造語が躍る。同じように「シルバーテック」「シニアテック」といった言葉が一般的になる社会を、つくらないと。

2019/2/3
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ