連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

  • 印刷

 神戸市は、スタートアップ(新興企業)がITを活用して地域課題解決を図る事業「アーバンイノベーション神戸」で、七つのテーマに挑む7社を発表した。

 行政課題の解決と起業家育成を目的に2018年度から取り組んでおり、NPO法人コミュニティリンク(宝塚市)と神戸新聞社が運営を担う。

 59社が応募し、書類と面談で選考した。各社と市の担当職員が今月から共同開発にかかり、年内の実証実験を経て来年2月に成果を発表する。(横田良平)

 テーマと企業は次の通り。

 デジタルを活用した子どもの体力アップ=Pestalozzi Technology(東京)▽情報通信技術(ICT)による学校施設の利便性向上=構造計画研究所(同)▽市有建築物の管理ツール開発=あっとクリエーション(大阪市)▽建築工事の積算チェック効率化=協栄産業(東京)▽コロナ禍後を見据えた市バス・地下鉄の利用促進=scheme verge(同)▽市バス・地下鉄ホームページの刷新=ラナエクストラクティブ(同)▽パン文化の魅力発信=パンフォーユー(群馬県桐生市)

2021/9/14
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ