連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

  • 印刷

 神戸市がスタートアップ(新興企業)と協力し、ITで社会や地域の課題解決を目指す「アーバンイノベーション神戸(UIK)」の成果報告会「ガブテックサミット2021」(同市主催)が3月12日午後2時から、オンラインで開催される。市役所の業務改革や市民サービスの向上に協働するスタートアップ10社による発表やパネル討議がある。

 ガブテックは、行政とテクノロジーの英語表記を組み合わせた造語。同市では全国の自治体に先駆けて、2018年から市職員とスタートアップによるUIKに取り組む。報告会は2回目で、1回目が開かれた19年2月以降に参画した10社が発表する。

 当日は、久元喜造市長のビデオメッセージのほか、各社や市、経済産業省の担当者らが出演。並行して発表者らとのオンライン交流会も開かれる。起業家や自治体職員らの参加を呼び掛けている。

 参加無料。11日までにサイト(「ガブテックサミット」で検索)から申し込む。(初鹿野俊)

2021/3/10
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ