エッセー・評論

木皿食堂

  • 印刷
撮影・木皿泉

撮影・木皿泉

 NHKのBSプレミアムで放送中の「刑事フォイル」というドラマにはまっている。第2次世界大戦中のイギリスが舞台の推理ドラマなのだが、主人公の初老のフォイル刑事が、なんかかっこいいのである。

 ナチスから国民を守るという大義と、市井の人々のささやかな暮らしを守るという自分の職務が、時に矛盾して、主人公の前に立ちはだかる。そのたびに、フォイル刑事は、ぐっと耐えたような顔で、多くは語らず、全てを飲み込む。彼はため息さえつかない。大量の煙草(たばこ)や酒で紛らわすこともない。気晴らしは、古い友人との渓流釣りで、もちろん互いに愚痴ったりなんかせず、ユーモアある会話で和むぐらいである。今は、こんなダンディズム、笑われるだけなのだろうか。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2015/12/6
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ