エッセー・評論

木皿食堂

  • 印刷
撮影・木皿泉

撮影・木皿泉

 捨てられない服がある。30年以上も前のもので、蛇が矢印になった模様のポロシャツだ。それはダンナのもので、出会った頃によく着ていた。私は、ヘンな柄の服を着ている人だなぁ、この人、どういう趣味をしているのだろうと思ったりしていた。

 私の好みではないその服が、いまだにタンスの中にあるのは匂いのせいである。その服を見ると思い出すのである。私と全く関係のなかった人が、親しい人になりつつあった頃のことを。その服には、その匂いはすでにない。ダンナはいつの間にか、私の家の匂いになってしまったからだ。

2019/6/2

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ