エッセー・評論

木皿食堂

  • 印刷
撮影・木皿泉

撮影・木皿泉

 歩いていたら前方に若者が集まっていた。そのうちの一人が棒のようなものを振り回していて、それが私の胸に当たった。こんな時、どうしたらよいのか、とっさに思い浮かばない。感情が出てこないのだ。

 こういう時は怒らねばと、取りあえずにらんでみるのだが、相手もまたどうしてよいかわからず、ぽかんとした顔でこちらを見ていた。私は言うべき言葉を見つけられず、そのまま行こうとしたが、何となくよくない気がして戻った。そして、きょとんとしている青年に「ちゃんと謝りなさい」と言った。青年は、ようやく「すみませんでした」と頭を下げた。私は「はい、それでよろしい」と言って立ち去った。

2019/3/10

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ