連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷

 見えない力が働いた/震災後の「芽生え」前向きに

 震災の年の全豪オープンは、被災地の人々の心に、今も強い印象を残している。西宮の自宅が全壊しながら、沢松さんは気迫のプレーで勝ち続け、私たちに勇気を与えてくれた。あの時、どんな思いでコートに立っていたのだろうか。
 一回戦の朝。コーチから「テレビを見ろ」と電話がかかってきた。見なれた場所で、高速道路が倒れていた。すぐに、自宅に電話をかけた。でも、ベルが鳴るだけ。こんな早朝にだれも出ないなんて、もうだめかもしれないと思った。その日は雨で試合が順延になって、ただただ電話をかけ続けた。次の日、ようやく千葉にいる叔母に電話が通じて、家はつぶれたが、家族は無事だったと聞いた。

1999/8/31

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ