連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷

 終わった時から始まる/「殴られても痛くない」この国

 小学校時代を含め、西宮市に何度か住んだことがあるという。阪神・淡路大震災の時は、現在の拠点であるニューヨークにいた。数日後、被災地へ。以来、帰国のたびに神戸を訪れる。思いついたままを紙に描く「ライブペインティング」、客の注文に応じる「流しの絵かき」などで、被災した街に元気を届けてきた。今回出会ったのは、黒田さんの出身地・大阪の事務所。
 ニューヨークで震災を知った時は、「日本が全滅する」という感じだった。デパートの前に募金のなべがすぐに並んだ。ちょうどその時、あるところへ楽器を借りに行ったんだけれど、黒人のお兄ちゃんが「日本は大変だな。30%まけてやるよ」って。日本でも、だれもが神戸のことを気にしていると思っていた。

2001/12/17

天気(10月1日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ