連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

震災インタビュー

  • 印刷
(撮影・神子素 慎一)

(撮影・神子素 慎一)

 演奏で被災者癒やし続け/復興への生命力実感

 大阪で震災に遭った。
 被害はほとんどなかった。ロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」で活動しており、震災直後から何か手伝いたいと思っていた。一週間ほどたったころ、重度障害者の福永年久さんという人が「今、神戸の人はみんな障害者。私は慣れているから、みんなを助けられる」と語っているのをテレビで見た。むっちゃロックで、パワーがあった。この時期に言えるってすごいと思った。番組の最後に、四十ぐらいのボランティア団体の名前と連絡先が流れた。慌ててメモした。神戸に行こうと、メンバーを誘った。ボランティア団体に電話をかけたが、「すぐ来て」とは言われなかった。まず、電気のない被災地で演奏するため、三線、沖縄のカスタネット「三板(さんば)」、和太鼓などで、民謡や戦前、戦後のはやり歌を練習した。

2005/2/9

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ