連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

まちある調査団

  • 印刷
名前が「あきら」の兵庫ゆかりの著名人
拡大
名前が「あきら」の兵庫ゆかりの著名人
漢字1字の「あきら」の表
拡大
漢字1字の「あきら」の表

 2006年春、神戸新聞社に入社し、配属された阪神総局(西宮市)で、私(記者)は3人目の「あきら」だった。「章」「憲」の先輩2人に、新人の「晶」。当時総勢12人に占める「あきら」の割合の高さと、漢字の多彩さを実感した記憶がある。記者生活も節目の10年目。初心に帰るつもりで、「あきら」の謎に迫った。(小川 晶)

 漢字1字の「あきら」はいくつあるのか。

 人名録や新聞などから実在の名前を集めた独自のデータベースを持つ出版・情報サービス会社「日外アソシエーツ」の人名漢字辞典「名前10万よみかた辞典」(02年)で調べた。収録数は国内最大級だ。

 「あ」から順に、漢字1字の名前を抜き出すと、異体字などを含め100字以上の表記がある名前が5個あった。

 「ただし」(108字)「すすむ」(112字)「ひろし」(129字)「たかし」(174字)を抑え、堂々トップとなったのはやはり「あきら」(203字)。唯一の200超えだった。

 兵庫ゆかりのプロ野球オリックス元監督、仰木彬さんなど見慣れた字がある一方、「奛」「朙」「瑄」などなじみの薄い漢字も。「学」「誠」「徹」のように、別の読みが一般的な字もあった。

■語 源

 「あきらの語源は『明らか』。文字通りの明るいに加え、はっきりしている、賢い、晴れやか、など意味が幅広いため、あきらと読ませる漢字が多い」

 国語学が専門の大鹿薫久(ただひさ)関西学院大学教授は、「あきら」と読める漢字がもともと多いことに加え、「名前の読みとして定着している」「思いを込めやすい前向きな意味がそろっている」などの理由で、さらに表記が多彩になったとみる。

 「実は…」と大鹿教授。「父の名も『韶』の1字で…」。「あきら」らしい。

■昭 和

 そんな「あきら」も命名流行ランキングでは目立たない。明治安田生命保険が2000年に始めた「男児の読み方ランキング」では、トップ50(03年まではトップ30)には、一度も入っていない。

 ただ、昭和の時代、「あきら」と読める名前が存在感を示していた時期があった。

 同社の漢字表記のランキングによると、1927(昭和2)年~29(同4)年、新しい元号にあやかったとみられる「昭」がトップ10にランクイン。「明」も30~50年代、上位に顔を出し、34(同9)年には1位に。終戦翌年の46(同21)年からは6年連続で10位以内に入っていた。

【小川 晶】 34歳。男。女性にもある名前のため、成人式の時には晴れ着のダイレクトメールが大量に届いた。両親は、命名に当たって「あきら」の読みを優先。「瑛」を当てようとしたが、当時は名前に使えない漢字に含まれており、急きょ切り替えた。数ある漢字の中から「晶」を選んだ理由は「意味がきれいだから」(母親)。

2015/4/16

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ