連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

まちある調査団

  • 印刷
開店を祝うスタンド花。流行のバルーンも店側の了解があれば持ち帰っていいという(フラワーショップブロッサム神戸・三宮店提供)
拡大
開店を祝うスタンド花。流行のバルーンも店側の了解があれば持ち帰っていいという(フラワーショップブロッサム神戸・三宮店提供)
持ち帰る風習がある愛知県でも、最近では注意書きを張ることもある(フラワーハウスたなべ提供)
拡大
持ち帰る風習がある愛知県でも、最近では注意書きを張ることもある(フラワーハウスたなべ提供)
本紙「イイミミ」に読者から寄せられた声
拡大
本紙「イイミミ」に読者から寄せられた声

 兵庫県明石市内で開店祝いの花を見つけた。よく見ると、その横に衝撃的な張り紙が-。「本日は花を取らないでください」。えっ! スタンド花って持ち帰りありなの? しかも「本日は-」とは…。一見、花泥棒と勘違いされそうな行動だが、取材を進めてみると、縁起担ぎの慣習として、ある県では〝常識〟だった。(金井かおる)

 本紙イイミミに2016年5月、こんな投稿が掲載された。

 「近所に開店した八百屋の花輪の花を、店主に断った上で取っていると、『信じられへん。開店したばかりの花を取っていくなんて』と面と向かって言われた」

 これが呼び水になり、「『花は早くなくなる方がええんやで』と花束にして持ち帰る人がいてびっくりしたり、あきれたり」「開店早々の持ち帰りはちょっと悲しかった」「しなびかけより、きれいな間に喜んでもらえるのも果報かな」などの声が寄せられた。

 生花卸販売を全国展開する日比谷花壇(東京都)によると、スタンド花から生花を持ち帰るのは、西日本の一部や中部地方で見られ、特に愛知県では「祝い花が早くなくなるのは、繁盛の証拠」と歓迎されているそうだ。

▼開店お礼を兼ねて

 「愛知県豊橋市では当たり前」。同市のフラワーハウスたなべは、ブログでこの慣習を紹介している。

 同店の「2代目」によると、先代の時から、新規開店などの際は、店側が来店客に縁起物として渡していたが、いつしかご近所さんが持ち帰るようになった。「目くじらを立てるのも…」と黙認するうち、慣習になったのではと推測する。現在、同市では花が抜かれたスタンドをあえて3日ほど店頭に置いている。

 年間を通じてスタンド花によく選ばれるのは、華やかで見栄えのするユリやバラ、アルストロメリア。中でも、ユリや切り花のコチョウランなど、高額の花から抜かれるという。

 また、葬儀でも参列者が会場前のスタンド花を持ち帰るという。出棺が終わると、花の納品業者が持ち帰り用の花束を作るのが慣例で、長さを切りそろえ、生花店の包装紙で包み、希望する参列者に渡す。本数は最低でも菊5本とユリ1本に緑の葉。「祭壇の花は?」と尋ねると、「さすがにそこまでは…」

▼飾る前に抜かないで

 「店頭に飾る前に抜かれることもある」。フラワーショップBLOSSOM(ブロッサム)神戸・三宮店の菊地真也人(まやと)店長(25)が打ち明ける。

 最近では流行のバルーンもなくなることもしばしば。保護用セロハンで花を覆っても、心ない人は後を絶たないという。「納品前に抜かれた場合、私どもの責任で花を補充し作り直している」と菊地店長。

 愛知県内では、注意書きの張り紙を用意する生花店もあり、持ち帰りの〝解禁日時〟を示すことで、角が立たないように配慮している。

▼名古屋出身の作家「店側に不服なし」

 生花持ち帰りという慣習と愛知県人の気質は関係するのか-。「蕎麦(そば)ときしめん」「日本の異界 名古屋」など名古屋を題材とした著書で知られる清水義範さん(69)=名古屋市生まれ、東京都在住=に尋ねた。

 -なぜ、愛知県では持ち帰るのか。

 「名古屋人は得なことが大好き。開店花は開店したことを祝ったのであり、それ以降はもう用済みで、ただ枯らしてしまうのはもったいない。用済みの物だから、もらって帰って飾れば得なのだととらえているのではないか。店側も多くの人に開店をアピールできたのだから不服はない」

 -東京では。

 「普通は持ち帰らないと思う。東京の人は、知らない人とあまり関係しないように生きている。持ち帰れば、盗んだと思われるかもしれない。だから、他人の物には手を出さない」

〈スタンド花〉新店舗やイベント会場などを彩る祝い花。紅白の花輪タイプ、風船などの装飾がついた物など相場は1万~3万円。

2017/9/5

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ