連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

まちある調査団

  • 印刷
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
拡大
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
拡大
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
拡大
好きなのはアンパンマン? それともばいきんまん?=神戸市中央区東川崎町1、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール

 家族連れらでにぎわう神戸ハーバーランドの集客施設「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」に16日、別館「バイキンひみつ基地」が加わる。主人公「アンパンマン」に対抗し、ちょっかいを出してはやっつけられる「ばいきんまん」にスポットを当てた施設だ。そのオープンを前に、宿命のライバルとして支持を分け合う両キャラクターの人気を調査し、傾向を探ってみた。(赤松沙和、大橋凜太郎、門田晋一、小森有喜)

 2月下旬、同モールの入場者に対面で尋ねた。家族から聞き取った乳幼児の回答も含め、子ども(20歳未満)と大人(20歳以上)の男女の4グループで65人ずつ、計260人から回答を得た。

 アンパンマンとばいきんまんのどちらが好きかを尋ねた設問では168人(64・6%)がアンパンマンと答えた。特に女性人気が高く、子ども、大人とも8割程度が選んだ。

 理由には「やっぱり正義の味方が一番」(50代男性)など、主人公としての存在感を挙げる回答が目立つ。一方で「ばいきんまんのいたずらが度を過ぎた時のアンパンチがすかっとする」(40代女性)、「ばいきんまんを見て泣く子はいても、アンパンマンで泣く子はいない」(30代女性)といった声もあった。

 これに対し、男性の回答は65対65と支持が拮抗(きっこう)。子どもではアンパンマンがやや優勢だが、大人ではばいきんまんが約6割を占め、ライバルを上回った。「悲哀があり、応援したくなる」(60代男性)や「アンパンマンにやっつけられて『バイバイキーン』と言いながら消えていくダメっぽさがかわいい」(20代女性)などの同情論が目立つ。

 孤軍奮闘する姿を評価する意見もあった。40代男性は「乗り物でも料理でも、何でも自分で作れるから」と能力の高さを指摘し、10代男性は「ばいきんまんは一人で頑張れるが、アンパンマンは『ジャムおじさん』に顔を作ってもらわないと何もできない」とした。

 アンケートでは、物語に登場する数多くのキャラクターの人気投票も実施。アンパンマンとばいきんまんに次いで、「ドキンちゃん」やその妹分の「コキンちゃん」、「メロンパンナちゃん」と「ロールパンナ」の姉妹に支持が集まった。

 好きな乗り物キャラクターを尋ねた設問では、4割近くを「アンパンマン号」が占め、ばいきんまんが開発した巨大メカ「だだんだん」、鉄道ファンらに人気の「SLマン」と続いた。

【「アンパンマン」シリーズ】漫画家やなせたかしさん(2013年に94歳で死去)の作。1969年に発表された童話に登場するキャラクターが基になっている。88年にテレビアニメ化され、アンパンマンやばいきんまん、ドキンちゃんなど多彩なキャラクターが、国内外で幅広い世代の人気を集めている。その数は1500種類を超え、2009年にはギネス世界記録に認定された。

2018/3/5

天気(8月11日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 38℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ