連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

まちある調査団

  • 印刷
阪神が5月に披露した「黄色」のユニホーム。7月24日からの夏季イベント「ウル虎の夏」で着用する=5月4日、甲子園球場
拡大
阪神が5月に披露した「黄色」のユニホーム。7月24日からの夏季イベント「ウル虎の夏」で着用する=5月4日、甲子園球場
オリックスは「地球柄」。印刷技術の向上でデザインの幅が広がった=7月5日、ほっともっとフィールド神戸
拡大
オリックスは「地球柄」。印刷技術の向上でデザインの幅が広がった=7月5日、ほっともっとフィールド神戸
ロッテは千葉・幕張の海をイメージ。京大卒で高砂市出身の田中英祐投手もプロ初登板で着た=4月29日、QVCマリンフィールド
拡大
ロッテは千葉・幕張の海をイメージ。京大卒で高砂市出身の田中英祐投手もプロ初登板で着た=4月29日、QVCマリンフィールド
プロ野球期間限定ユニホーム多さランキング
拡大
プロ野球期間限定ユニホーム多さランキング

 【阪神 オリックス関西の2球団、16種類でトップ】

 ペナントレースも折り返し点を通過したプロ野球。最近、テレビを見ていて思うことがある。「これ、どこのチーム?」。そう、ユニホームのデザインがころころ変わっているのだ。ファンサービスのようだが、少し多すぎるのでは…。なぜ始まり、何種類あるのか。調べてみると、関西のセ、パ2チームがその多さを競って“夢の日本シリーズ”を演じていた。(有島弘記)

 プロ野球意匠研究家の綱島理友(りとも)さんの著書「日本プロ野球ユニフォーム大図鑑」を基に、全12球団に聞いた。

 結果は、阪神とオリックスが16種類でトップ。ソフトバンクが続いた。各球団は「サービスの一環」と口をそろえ、入場者全員にプレゼントするなど球場の一体感も演出する。

 きっかけは2005年の交流戦。阪神と横浜が限定デザインを発表した。「ユニホームが売れてブームになった。今は商売として成立している」(綱島さん)といい、“下位”の中日やロッテも近年は毎年のように企画。オリックスも10年からの後発組だが、球団合併を経験した歴史から過去のユニホームの「復刻版」を相次いで披露し、首位に並んだ。

 毎年、限定版を発表する阪神。1番人気は10年に着た大阪タイガース時代(1948年)の濃紺色だった。「ダイナマイト打線」と呼ばれたころのように打線が爆発し、1試合22得点の球団記録まで樹立。営業部は「人気で、生産が追いつかなかった」と振り返る。

 一方、07年は70年以上変わらなかった胸のロゴ「Tigers」を使わず、「伝統を何やと思ってるんや」とファンの怒りを買ったという。甲子園球場誕生から90周年だった14年はツタに合わせた緑色を発表。球団創設80周年の今年は、今月24日からチームカラーの「黄色」が再登場する。

 米国メジャーリーグでも一時、限定版が流行したが、2000年以降はない。ヤンキースのピンストライプなど「『古き良き』を守るのがメジャー全体の思想」と綱島さん。「日本はイベントの一つとしか捉えていない。限定版とはいえ、ファンも納得する説得力あるデザインにできるかどうかが腕の見せどころ」と話す。

 ◇震災復興、平和…地元の願い込め

 震災や戦争の記憶を伝える。各球団は限定ユニホームにそんなメッセージを込める。

 オリックスは阪神・淡路大震災が発生した1995年、「がんばろうKOBE」と袖口にプリントしたユニホームで戦い、リーグ優勝を飾った。今年は震災20年の節目にあたり、4月に神戸であった公式戦では、当時の復刻版を着てプレーした。

 広島は原爆投下から丸70年にあたる8月6日、背番号「86」のユニホームでグラウンドに立つ。胸には「PEACE(ピース)」、背中の選手名は「HIROSHIMA(広島)」で統一。平和への願いを発信する。

 「地域愛」を表現するのが、日本ハムと楽天。日本ハムは2007年から夏季限定で、胸のロゴを「HOKKAIDO(北海道)」に変え、抽選で道内の市町村の名前を袖にあしらう。

 東日本大震災の被災地・宮城県に本拠地がある楽天は、東北の自然を守っていこうと、13年から緑の限定ユニホームを着ている。

2015/7/9

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ