• 印刷
女子で5年連続トップ10入りを果たした大樽瑞葉(撮影・辰巳直之)
拡大

女子で5年連続トップ10入りを果たした大樽瑞葉(撮影・辰巳直之)

女子で5年連続トップ10入りを果たした大樽瑞葉(撮影・辰巳直之)

女子で5年連続トップ10入りを果たした大樽瑞葉(撮影・辰巳直之)

 第9回神戸マラソン(神戸新聞社など共催)は17日、神戸市役所前をスタート、神戸・ポートアイランドの市民広場付近をフィニッシュする42・195キロのコースで行われ、女子は山口遥(AC・KITA)が2時間27分39秒で初優勝した。女子の2時間30分切りは大会史上初だった。

 兼重志帆(Grlab関東)が2時間31分56秒で日本人2番手の5位、大樽瑞葉(メモリード、川西北陵高-神院大出)が2時間42分53秒で日本人3番手の10位だった。

(スタート時の天候=晴れ、気温16・5度、湿度75%、南南東の風0・3メートル)

 今春神院大を卒業し、長崎県の実業団メモリードで活動する大樽は女子で日本人3番手の10位。「やっぱり神戸マラソンが一番好き」と笑顔で走りきった。

 大学1年から3年連続で4位に入賞した大樽は「昨年はぼろぼろで、悔いが残っていた」と今大会を心待ちにしていた。5キロを19分台のペースで刻み、昨年を上回る2時間42分53秒でフィニッシュ。「1カ月前の駅伝で全然走れずなくしていた自信を取り戻せた」と安堵(あんど)した。

 社会人になり「自己管理の必要性が大きくなった」と自分を見つめながら練習に取り組む。「まずは2時間40分、いずれは30分を切れるランナーに」と目を輝かせる23歳は「また来年も帰ってきたい」。古里・兵庫のレースを成長のバロメーターにする。(金山成美)

神戸マラソン「完走者の記録」(暫定)はこちら
神戸マラソン【写真集】はこちら

2019/11/17

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ