• 印刷
男子7位でフィニッシュする金子晃裕(撮影・斎藤雅志)

男子7位でフィニッシュする金子晃裕(撮影・斎藤雅志)

 金子(コモディイイダ)は日本人2番手の男子7位。脚を痛めながらも自己記録を更新してみせ、「自分を表現する場になった」。初めての神戸で結果を残し、フィニッシュ後は笑顔で汗をぬぐった。

 アクシデントに見舞われたのは15キロ地点。まめで左脚に激痛が走った。「地図では見えない細かなアップダウン」に耐えながら、前の背中を負う。序盤から抜きつ抜かれつの勝負を演じた川内を突き放したのは残り2キロ。「いっぱいいっぱいの体にむち打って」スパートし、35キロ以降のタイムではトップに立った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2019/11/17
 

天気(9月18日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ