連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

まちある調査団

  • 印刷
風見鶏の館=神戸市中央区北野町3
拡大
風見鶏の館=神戸市中央区北野町3
戦災や震災を乗り越え、神戸の観光スポットとして定着した風見鶏の館=神戸市中央区北野町3(撮影・大山伸一郎)
拡大
戦災や震災を乗り越え、神戸の観光スポットとして定着した風見鶏の館=神戸市中央区北野町3(撮影・大山伸一郎)
風見鶏の館の屋根裏。薄暗い一角に用途不明の“謎”の小部屋がある=神戸市中央区北野町3(撮影・大山伸一郎)
拡大
風見鶏の館の屋根裏。薄暗い一角に用途不明の“謎”の小部屋がある=神戸市中央区北野町3(撮影・大山伸一郎)
1930年頃の撮影とみられるオリエンタルホテルの屋上。尖塔に風見鶏が付いているのが分かる(神戸市文書館提供)
拡大
1930年頃の撮影とみられるオリエンタルホテルの屋上。尖塔に風見鶏が付いているのが分かる(神戸市文書館提供)

 秋の行楽シーズンを迎え、神戸有数の観光スポット・北野の異人館街も連日、観光客でにぎわっている。この異人館街を全国に広めたのが、1977年に放送が始まったNHKの連続ドラマ。そのタイトルともなり、一躍脚光を浴びたのが「風見鶏の館」だ。あれから40年。街並みの象徴として定着した尖塔(せんとう)の風見鶏は、そもそもどんな理由で取り付けられたのだろうか。

 風見鶏の館は、20世紀初頭、ドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏の邸宅として建てられた。その後、銀行や船舶会社などが所有し、ドラマ放送時は神戸中華同文学校の学生寮に使われていた。

 塔屋の頂にある風見鶏は鉄製で、幅90センチ、高さ80センチほど。飾りだと思われがちだが、風が吹けば今も動く。

 土居和孝館長(56)によると、この風向計の機能が、貿易商だったトーマス氏にとって大きな意味を持っていたと考えられるという。通信手段が発達していなかった当時、神戸港に積み荷が到着する詳細な時刻は分からなかった。そのため、風向きなどから船の運航状況を読んで陸揚げの準備に当たっていたとみられる。

 館にはトーマス氏が購入した望遠鏡があったとされる。トーマス氏の娘エルゼ・カルボーさんは、神戸港に接岸した艦船に乗り降りする人の様子が細かく分かるほどの性能だった、と手記に書いている。

 風見鶏の回転装置には当時の最高水準の技術が使われていたとされ、避雷針の役割を兼ねていたとも伝わる。

 実用的な側面のほか、宗教的な意味合いも込められていたらしい。警戒心が強い鶏は、キリスト教で危機を察知する魔よけと位置付けられ、教勢を発展させる象徴とされていたという。

 北野の歴史に詳しい神戸外国人居留地研究会の岩田隆義理事(75)は、故郷へのトーマス氏の思いも込められているとみる。

 「中世の街並みが残る(ドイツの)ラインラント出身で、風見鶏が付いた家も多かったはず。館の門にライン川を意味する『レナニア』と書くほど郷土愛にあふれるトーマス氏だからこそ、風見鶏を取り付けたのだろう」

 一方、土居館長は「完全な私見」と前置きした上で、風見鶏の設置がトーマス氏の意向ではなかった可能性も指摘する。

 館を設計したドイツ人建築家、ゲオルグ・デ・ラランデ氏は、その数年後、神戸の旧居留地にあったオリエンタルホテル(3代目)の設計も担当した。戦災で壊れ現存していないが、その尖塔にはそっくりの風見鶏が付いていた。

 トーマス氏の邸宅に風見鶏があったのは、デ・ラランデ氏の好みだったのかもしれない-。土居館長は「明確な理由が分からないからこそ、さまざまに思いを巡らせられる」と笑う。

   ◇     ◇

 風見鶏の館には大きな“謎”がある。風見鶏が付いた尖塔(せんとう)の直下にある広さ8畳ほどの小部屋の存在だ。薄暗く、蒸し暑い屋根裏になぜ設けられたのか、一切分かっていないという。

 主に使用人が使っていたという幅の狭い裏階段を上りきると、屋根裏に出る。柱や梁(はり)がむき出しになった一角に区切られた、長方形のスペース。1、2階の各部屋は資料や証言などで大まかな用途が分かっているが、この小部屋だけは何のヒントもないという。

 秘密めいた雰囲気をさらに増幅させるのが、外界と遮断するような厳重な設備だ。入り口には鍵付きの扉があり、東側と南側を向く窓は、館でこの部屋だけという二重構造。内側の窓は開閉できるが、外側は枠にはめ込まれて開かない。

 裏階段を使わないと入れず、眺望はいいものの換気もできない部屋を何に使っていたのか。土居和孝館長は「トーマス氏に確かめられない以上、謎は永遠に解けないと思います」。

 通常、裏階段や屋根裏、小部屋は非公開だが、24日の「探検ツアー」で特別に見学できる。予約不要、無料(別途入館料が必要)。同館TEL078・242・3223

(小川 晶)

2017/9/22

天気(8月12日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ