連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

旦旦的廿年(タンタンの20年)

  • 印刷
暑さが苦手なタンタン。ミストで涼む=神戸市立王子動物園(撮影・後藤亮平)
拡大
暑さが苦手なタンタン。ミストで涼む=神戸市立王子動物園(撮影・後藤亮平)

 中国の高山地帯に分布するジャイアントパンダにとって、神戸の夏は暑い。

 王子動物園のほぼ真ん中にあるパンダ舎。その屋外運動場にある丸太組みのやぐらの日陰で、タンタンが短い手で頭を抱えていた。暑さに耐えているのかと思ったら、眠っている。

 6月下旬。午前10時すぎ。気温は27度超。

 目を覚ますと、涼を求めてミストシャワーの周りをぐるぐると歩き回った。

 獣医師の谷口祥介さん(37)は「平時のタンタンは1日のうち7~8時間ほど食事にあてる」というが、屋外にいたら食欲が進まない。体調管理のため、気温が26~27度になると涼しい屋内に移動させる。

 神戸で迎える夏は今年で20回目だ。

 太陽が高く昇ったころには、涼しい場所に移動できると知っているかのように、通用口の前にぴったりとへばりつく。タンタンを見るために訪れた来園者には目もくれない。見せるのはお尻ばかりだ。

 「こっち向いて」と声が上がるかと思いきや、聞こえてきたのは「かわいい~」「ありがと~」という黄色い声ばかり。この反応をもらえることもお見通しのようだ。

 念願かなって屋内に移ると、落ち着いた表情で竹をむしゃむしゃ。「よく食べてよく眠る。それが元気の証し」と飼育担当者。

 水害でたくさんの人を苦しめた梅雨が明ければ、夏本番。神戸で最後の夏を迎えようとしている。(谷川直生)

2020/7/16

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ