連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

旦旦的廿年(タンタンの20年)

  • 印刷
左手で竹の茎を食べるタンタン
拡大
左手で竹の茎を食べるタンタン

 7月初旬。朝の爽やかな風を浴びながら、タンタンが右手(前足)で器用に竹の葉を食べている。

 はた目には、いつもの穏やかな食事風景。だが、このシーンも飼育員や獣医師にとっては貴重な「研究材料」だ。

 タンタンが来園者を癒やし続ける裏側で、多彩な研究が続けられてきた。

 実際、2000年の来神から20年間で王子動物園などが発表した論文は38本、進行中の研究も10件以上ある。

 飼育展示係長の谷口祥介獣医師(38)が「タンタンの研究は10年目を節目に大きく変わったんです」と教えてくれた。

 最初の10年間は、パートナーのコウコウとの繁殖研究が主題だった。

 パンダの発情期は年に1回、排卵日はたった1日しかない。その1日をどうやって事前につかむか。パンダの〝妊活〟にとって最も大切なポイントだ。同園はその1日を「ほぼ特定」するまでに精度を高めた。

 だが10年9月、2代目コウコウが人工授精の麻酔中に死亡したため、研究はタンタンの行動分析に移行した。24歳になった今は「高齢パンダ」という視点を重視している。

 最近は、タンタンの利き手に関する論文を大阪大学と共同で報告。それによると、竹の葉やペレット、ニンジンを食べる時は主に右手を使うが、竹の茎を食べる時はなぜか左に持ち替えるという。

 「利き手、つまり癖を把握することで、普段と違う行動や異変に気付くきっかけになる」と谷口さん。

 平和な日々のタンタンは「右利き、時々、左利き」のようだ。(谷川直生)

2020/7/31

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ