連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

旦旦的廿年(タンタンの20年)

  • 印刷
神戸市北区淡河町で収穫された4種の竹。左から女竹、淡竹、矢竹、孟宗竹=神戸市内
拡大
神戸市北区淡河町で収穫された4種の竹。左から女竹、淡竹、矢竹、孟宗竹=神戸市内

 どんな味がするのだろう?

 いつもおいしそうに竹を食べるタンタンを見るうちに、素朴な疑問が湧いた。

 初夏。餌の竹を収穫している神戸市北区淡河町の岩野憲夫さん(73)、辻井正さん(76)、西浦常次さん(71)の元を訪れた。

 辺り一面に広がる竹林。タンタンがこの光景を見たらよだれを垂らすかも、と想像が膨らむ。

 現在、この場所で収穫され、餌として届けられている竹は4種。3人に許可をもらい、新鮮な竹の葉を食べ比べてみた。

 まず、タンタンが年間を通してよく食べるという孟宗竹(もうそうちく)から。

 葉は薄い。口に含み、奥歯でじっくりかむ。次第にほんのりと甘みが広がった。

 次に、食べ残すことが多いという淡竹(はちく)。

 孟宗竹より葉は薄いが繊維がしっかりとしており、とにかくかみ切れない。その上、かめばかむほど口いっぱいに苦味が…。

 4種の中で唯一ササに分類される矢竹(やだけ)は、ほとんど味がなかった。ざらざらとした繊維感だけが舌に残り、1枚を食べきるのは苦行だ。

 一番食べやすかったのは女竹(めだけ)。一口かむ。じわっと甘みが出た。やや大味だが、かみ応えは孟宗竹と似ている。ぺろりと食べきることができた。

 とは言え、おいしいものではない、というのが率直な感想。当たり前だがパンダとは好みが違うようだ。

 その日の夜、喉には繊維がつっかえるような違和感が残った。

 まねはおすすめしません。(谷川直生)

2020/9/9

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ