連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

旦旦的廿年(タンタンの20年)

  • 印刷
クリーナー剤でタンタンへの思いを記す沢田純一さん=神戸市立王子動物園
拡大
クリーナー剤でタンタンへの思いを記す沢田純一さん=神戸市立王子動物園

 タンタンファンから、あるうわさを聞いた。

 「パンダ舎にはDJ警備員がいる」

 「DJ○○」と言えば、軽妙な語り口で雑踏警備をこなした警察官「DJポリス」が有名だが、動物園にDJ? 会いに行った。

 パンダ舎の室内展示場。

 「もうすぐ食事が始まりますよ」「食べたら喉が渇きます。次は水が飲みたくなるんです」

 静かな口調だが、他の警備員に比べると圧倒的に口数が多い。間違いない、この人だ。

 正体は、警備員歴3年5カ月の沢田純一さん。意外にキャリアは浅いが、タンタンの動きを的確に予告し、どこに注目すればいいかを伝えてくれる。

 きっかけは折り込みチラシだった。警備会社の求人案内に「パンダの警備ができる」と書いてあった。

 「動物好きの私には天職だ」。すぐに応募した。

 パンダ舎専門警備員としてタンタンを見つめるうち、かわいさに魅了された。

 「竹を本当に幸せそうに食べる。一瞬の表情を見逃さないでほしい」。それが「DJ警備員」の始まりだ。市内の百貨店で40年間勤め、婦人服売り場のバーゲンセールで鍛えた話術が生かされた。

 新型コロナが広がる前は拡声器を使い、大声で動きを伝えていたが、今は生声で控えめ。その代わり、新たなアイデアがわいた。

 日課のガラス拭き。1日数度、クリーナー剤でこう記す。「ありがとう タンタン」

 すると、インスタ映えを狙う観客の人だかりが…。あふれ出るタンタン愛だった。(谷川直生)

2020/8/6

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ