連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

旦旦的廿年(タンタンの20年)

  • 印刷
タンタンの決めポーズ?=王子動物園(撮影・後藤亮平)
拡大
タンタンの決めポーズ?=王子動物園(撮影・後藤亮平)
最後の姿を写真に収めようとカメラを構える来園者(2020年7月2日)
拡大
最後の姿を写真に収めようとカメラを構える来園者(2020年7月2日)

 むしゃむしゃと、大好きな竹を頬張る。ひたすら食べ続け、腹いっぱいになるとだらしない格好でごろり。

 神戸市立王子動物園(同市灘区王子町3)の人気者、ジャイアントパンダの「タンタン(旦旦)」は、新型コロナの影響で入場制限がかけられている今も、いつも通りのリラックスした姿で来園者の視線を集める。

 きょう15日、中国との契約期限が切れ、古里への帰国が決まっているタンタン。正式な日取りは未定だが、別れの日は刻一刻と近づいている。

 タンタンは2000年、日中共同飼育繁殖研究の名目で初代「コウコウ(興興)」と来園。繁殖能力に疑問符がついた初代は02年に帰国し、2代目とは10年に死別した。

 以降、同園で唯一のパンダとして過ごしてきた。

 研究のほかに、タンタンの来園には、1995年1月の阪神・淡路大震災で傷ついた神戸市民の心を癒やす目的があった。

 竹をつかみ器用に口に運ぶ、肩を揺らしてゆっくりと歩く、脚を上げてダイナミックに眠る-。愛らしい姿で見る人の心をほぐしてきた。

 6月下旬、園を訪れると、目を赤くしてパンダ舎を見つめる1人の女性がいた。横浜市のアルバイト善積整子さん(60)。「タンタンにお礼が言いたくて」と、遠路はるばる訪れたという。

 神戸市垂水区出身の善積さんは、結婚を機に23歳で横浜に移り住んだ。母が1人で暮らしていた実家は、震災で半壊に。母も横浜へ移ったため、神戸は縁遠い場所になっていた。

 そんな善積さんが再び神戸に通うようになったきっかけが、他でもないタンタンだった。

 「大好きな神戸と私をもう一度つないでくれた。タンタンは私にとって唯一無二の存在なんです」

 〝運命の出会い〟は実は最近だ。2017年6月、上野動物園(東京都)に「シャンシャン(香香)」が誕生したのを機にパンダが好きになった。パンダがいる動物園は全国に3カ所だけ。王子動物園にも足が向いた。

 「一目ぼれだった」と善積さん。他の園のパンダと比べ脚が短く、顔は丸い。座って食事する上品な姿にも心引かれた。

 来神20年になるタンタンの波瀾(はらん)万丈の日々を知るにつれ、気になって仕方がない存在になった。

 以後、3カ月に2回ほどのペースで来神し、ホテルに泊まって1週間、飽きることなくタンタンを見つめた。

 「帰国は正直さみしくて、頭からタンタンが離れない。今まで本当にありがとう」。かみしめるようにつぶやいた。

   ■    ■

 多くの人を夢中にさせ、勇気づけてきたタンタン。何がそんなに人を引きつけるのか。神戸で過ごした20年を振り返る。(谷川直生)

2020/7/15

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ