連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

スクープラボ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 10月の消費税10%引き上げを前に、神戸新聞社(兵庫県神戸市)は無料通信アプリLINE(ライン)を使った双方向型報道「スクープラボ」で消費税に関するアンケートを実施した。増税に反対する意見がやや多かったが、賛成の人も8割以上が軽減税率やキャッシュレス・ポイント還元制度への不満を漏らすなど「消極的」な賛意だった。制度の複雑さに戸惑う姿が浮かび上がる。

 アンケートは9月18~24日、LINEでつながっている約1800人を対象に実施し、368人から回答を得た。

 消費税増税への考え(自由記述)を分析したところ、増税に賛意を示す人が83人。そのうち条件付きや消極的な賛成が70人を占めた。反対とやや反対は計95人で、賛成を上回った。

 増税に明確に賛成する意見では、「子どもの教育や医療に使ってほしい」(尼崎市、30代女性)▽「子どもたちに国の借金を残したくない」(養父市、60代男性)など、次世代の負担軽減を望む声が目立った。

 消極的な賛成意見の多くは、家計への影響を懸念する。加古川市の40代女性は「増税に反対ではないが、18歳までの子どもが4人おり生活が苦しい」。明石市の40代女性は「外食もお酒も控えて早く帰宅する。生活習慣を変えるタイミングにしたい」と前を向きつつ「今まで生きてきて消費減税ってないな…」と嘆き節も。神戸市垂水区の10代男性は「使い道をはっきりさせて、国民にしっかり伝えてほしい」と注文する。

 反対とやや反対の人は、家計圧迫や庶民の負担増に憤る。

 宝塚市の40代男性は「日用品の負担がつらい」とため息。子育てにかかる費用を心配し「2人目の計画をどうするか迷っている」とする。神戸市中央区の40代女性も「増税はやめてほしかった」。夫はアルバイトといい「毎月しんどい。議員の定数削減やボーナスの大幅カットを」と訴える。

 「大反対」とした西脇市の50代女性は「増税しても北欧並みの福祉の充実は実現しそうにない。(税金を)取りやすいところから取ろうとしている」と手厳しい。

 増税への賛否にかかわらず目立ったのが、飲食料品などが8%に据え置かれる軽減税率や、ポイント還元制度への不満だ。西宮市の60代男性は「とても複雑で低所得者ほどポイントの恩恵を受けられないのでは。カードやスマホを持たない高齢者も多い」と指摘する。

 神戸市西区の30代女性は「どんな品物に軽減税率が適用されるのか分からないし、イートインと持ち帰りで税率が異なるしくみが難しい」と嘆く。こうした複雑さから「一律10%にしてほしい」という意見が多かった。(久保田麻依子)

   ◇

 駆け込み購入やキャッシュレス対応のアンケート結果は、後日に掲載します。

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

2019/9/29

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ