連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

スクープラボ

  • 印刷

 Q.飲食店を経営していますが、新型コロナウイルスによる学校休校や自粛でキャンセルが相次ぎ、死活問題です。政府は何か補償してくれるのでしょうか。(ryoさん)

 A.新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は3月10日に決定した緊急対策第2弾に、自営業者やフリーランスへの休業補償として「一律で日額4100円」を支給する支援策などを盛り込みました。ただし、これは子どもの休校で仕事を休まざるを得なくなった場合に限られます。質問された自営業者が利用できるような、収入減を直接穴埋めできる制度は現状ではなさそうです。

 一方で、収入が減った中小企業や小規模事業者向けの新たな貸付制度が創設されます。政府によると、実質無利子、無担保で借りられるようになるそうです。この新制度は1月29日にさかのぼって適用されます。

 貸付制度には「借金が増えるだけ」という指摘もありますが、事業継続のための資金繰りが難しくなった場合は、利用を検討してもいいかもしれません。(伊田雄馬)

     ◇

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

2020/3/14

天気(11月30日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 12℃
  • 6℃
  • 30%

  • 15℃
  • 8℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ