連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

スクープラボ

  • 印刷
旧五国ごとにマイナポイント事業をPRする兵庫県のポスター(兵庫県提供)
拡大
旧五国ごとにマイナポイント事業をPRする兵庫県のポスター(兵庫県提供)
マイナポイントの手続きは専用アプリを入手することから始まる
拡大
マイナポイントの手続きは専用アプリを入手することから始まる

 マイナンバーカードを使って申し込み、キャッシュレス決済で買い物をすると利用額の一部が還元される「マイナポイント」事業について、読者の女性(62)から「申し込みが難しい」という投稿が神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に寄せられた。取材を進めると、認知度の低さや申し込みの手間から、利用が広がらない現状が見えてきた。(伊田雄馬)

 同事業はマイナンバーカードの普及促進や消費活性化を目的に、総務省が9月から開始。申込時に選んだキャッシュレス決済サービスで買い物すると、1人当たり5千円を上限に利用金額の25%分のポイントがもらえる。

 同省によると、マイナンバーカードの交付人数は全国で約2700万人。一方でポイントの申し込みは約818万人(10月28日現在)と、カードの取得人数の4分の1にとどまる。

 事業は4千万人分の予算を確保しているが、申し込みは2割程度で、来年3月の事業終了までに予算分に到達するかは不透明。これまでは特設サイトを中心に広報してきたが、「高齢世帯への周知が不十分」として、10月下旬から新聞の折り込み広告にチラシを入れるなどしていくという。

   ◆   ◆

 恥ずかしながら、記者(30)も取材するまでマイナポイントのことをよく知らず、申し込みもしていなかった。マイナンバーカードはあるので、「この機会に」とスマートフォンから挑戦した。

 まずは専用アプリをダウンロードし、申し込みに必要な「マイキーID」を発行する。この時にカードをスマホにかざしてICチップを読み取るが、何度試してもうまくいかない。スマホをケースから外し、カードに数秒間当て続け、無事に申し込みが完了した。

 「そもそも、専用アプリをダウンロードできない」と話すのは、投稿者の女性。「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」と表示されるという。「1年以内に購入したスマホなのになぜ」と頭をひねる。

 同省によると、アプリは「iPhone(アイフォーン)」や「エクスペリア」など約150機種に対応。一方、「ギャラクシー A7」(昨年10月発売)のように新しくても非対応の機種もある。女性はスマホをあきらめてパソコンから手続きし、「もう少し使いやすくしてほしかった」とこぼす。

 神戸市の電話窓口には9月以降、多い日で20件ほどの問い合わせが寄せられ、大半が「カードをうまく読み取れない」など申し込み手続きの難しさを訴える相談という。

 総務省はうまく申し込めない人や、デジタル機器を持たない人向けに全国で約9万カ所の「マイナポイント手続スポット」を用意。市町の窓口や郵便局、コンビニ、携帯ショップなどが含まれ、無料で手続きができる。

   ◆   ◆

 9月末時点のマイナンバーカードの取得率は20・5%で、兵庫県は全国都道府県で4位の23・6%。マイナポイント事業の開始で全国的に申請が増えており、兵庫県もこの機に乗じてさらなる普及を図る。

 今月、旧五国で異なる県民性をネタにした「兵庫五国連邦(U5H)」とコラボした特設サイトを立ち上げ、ポイントを活用する県民の姿をコミカルに描いたポスターも作成。「さらにお得感をアピールし、トップ3入りを目指す」と意気込む。

   ◆   ◆

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

2020/10/30
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ