連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

スクープラボ

  • 印刷
新型コロナウイルス感染拡大前の飲酒検問の様子=加古川市内
拡大
新型コロナウイルス感染拡大前の飲酒検問の様子=加古川市内

 「神戸市内での飲酒検問で、マスクを外した警察官の顔に直接息を吹きかけるよう言われたが、こんなやり方でいいのか」。今月上旬、神戸新聞双方向型報道「スクープラボ」にこんな声が寄せられた。事実なら、警察官の新型コロナウイルス感染リスクは高く、接する運転者側も不安だ。兵庫県警に取材を進めると、飲酒運転の増加が懸念される年末年始を前に、摘発と感染対策の両立を模索する現場の苦悩があった。(伊田雄馬、小谷千穂)

 投稿者の男性は12月4日午後9時40分ごろ、神戸市兵庫区を車で帰宅中、兵庫署による飲酒検問に遭遇。署員は男性に運転席の窓を開けさせ、マスクを外した自らの顔に向かって息を吹きかけるよう指示したという。

 警察による飲酒運転の取り締まりは、運転者の呼気からアルコール濃度を測る「検知管」を使う。ただ、止めた車の運転者全員に行うわけではなく、コロナの感染拡大前は、その前段として運転者の息を嗅ぐのが一般的だった。

 呼気検査に応じることは、道路交通法で運転者の義務として定められ、拒否すれば同法違反の疑いで逮捕されることもある。検査の前段で息を吐くのは任意だが、拒めば結局、検査を求められる可能性が高い。男性は「応じた何十人もの人が感染リスクにさらされる」と憤る。

 同署を取材すると、「本来は飲酒感知器を使うべきだが、以前のやり方を踏襲してしまった。配慮が足りなかった」と不備を認めた。当時は感知器の台数が足りていなかったといい、「今後は感知器の使用を徹底する」とコメントした。

   □   □

 県警交通指導課は新型コロナ対策として、直接呼気を嗅がないよう県内の警察署に指導する一方、感知器を新たに100台以上購入し、各署に追加配備した。

 生田署では「以前は直接息を吹きかけてもらうこともあったが、現在は感知器を使っている」という。繁華街・三宮を管轄する同署は、酔客の対応のため、ゴーグルを着けて夜の街をパトロールするなど、飛沫(ひまつ)対策に万全を期す。

 だが、各署の感知器の保有台数は、多い署でも10台ほどというのが実情だ。同課は「高価な上、全国の警察が一気に発注したため品薄になり、十分に確保できなかった」と説明する。

 こうした中、「結局、頼りは鼻」という声も。神戸市内の別の署は「酒を飲んでいる場合、息を吹きかけてもらわなくても、運転席の窓を開けただけで、酒の臭いが漂ってくる」と明かす。

   □   □

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

2020/12/23
 

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ