連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

スクープラボ

  • 印刷
植栽が伸び放題になっている空き家=神戸市須磨区
拡大
植栽が伸び放題になっている空き家=神戸市須磨区

 近くの空き家の植木が伸び放題で道路にせり出し、見た目にも気味が悪いが、何とかならないか-。神戸市須磨区の男性(39)から神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」にこんな依頼が寄せられた。現地に行くと、植栽が森のように茂り、隣家や電線に接している。危険な空き家の撤去や植栽の伐採は、行政が行えると定める法律や条例があったはず。だが、取材を進めると、空き家対策の「壁」が立ちはだかっていた。(森本尚樹)

 その空き家は同区妙法寺の住宅地の一角にあった。木造2階建ての建物自体は老朽化しているものの、倒壊などの恐れはない。ただ、生け垣のカイヅカイブキ数本が建物以上の高さに成長していた。「車の通行の妨げになっている上、害虫の発生や放火なども心配」と男性。木の上部は電線に接し、火災の懸念もある。

 男性によると、住んでいた老夫婦はいずれも亡くなり、10年ほど前から誰も住んでいないという。登記簿には1976年の売買以降、記載がない。共有者に親族とみられる男性の名があるが、その住所地は区画整理で様変わりし、所在をたどることはできなかった。

 この近所の男性は市建設事務所にも相談したが、結果は知らされず、対策もされないままだ。

     ◆

 神戸市は2016年度に、空家空地対策推進条例を制定した。これにより、市長は適切に管理されていない「特定空家」の所有者に除却、修繕、伐採などの措置を勧告し、従わない場合は市が自らできる(行政代執行)ようになった。

 ではこの空き家の植栽も、手続きをすれば市に伐採してもらえるのだろうか。市安全対策課の担当者は「その程度の状況では無理かもしれません」と話す。

 対策にはまず、所有者を特定する必要がある。共有者の男性が亡くなっている場合、市が戸籍をたどって全相続人を探し、相続の意思を確認する。

 所有者(相続人)を特定できれば、市は改善を指導、勧告できる。だが、地域住民の生命や健康に危険を及ぼしている状況でなければ、行政ができるのはここまで。所有者の対応を待つしかない。

 同課によると、条例制定後の約4年間で寄せられた通報は計1580件。調査中の383件を除く1197件のうち、421件は未改善の状態が続く一方、代執行による除却などは計7件にとどまる。

 「空き家は個人財産であり、個人の責任で対応するのが基本」と同課の担当者。市は老朽空き家解体の補助制度を充実するなどし、自主的な取り組みを促す。

     ◆

 森のように植栽が茂る須磨区妙法寺の空き家だが、「個人財産」の壁にはばまれ、行政の踏み込んだ対応は望み薄のようだ。男性は「空き家を取り壊して更地にしたら固定資産税が高くなることが、空き家が放置される一因と聞く。こうした問題を解消し、所有者を実際に動かせる制度を作ってもらいたい」と話した。

    ■    ■

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

2020/10/8
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ