• 印刷
考案したメニューを説明しながら手渡す学生たち=神戸市西区伊川谷町有瀬
拡大

考案したメニューを説明しながら手渡す学生たち=神戸市西区伊川谷町有瀬

考案したメニューを説明しながら手渡す学生たち=神戸市西区伊川谷町有瀬

考案したメニューを説明しながら手渡す学生たち=神戸市西区伊川谷町有瀬

 11月18日に行われる第8回神戸マラソン(神戸新聞社など共催)に参加するランナーを栄養価の高い食事で応援しようと、神戸学院大学栄養学部(神戸市西区伊川谷町有瀬)の学生が考案した「マラソンレシピ」の試食会が10日、同大学有瀬キャンパスで開かれた。

 同大学と六甲バター(同市中央区)の共同企画。同社製品のチーズを使ったレシピを学生から公募し、集まった310点の中から10点を選んだ。

 3年の黒田彩歌さん(21)=西区=は「塩分補給! 大満足の韓国風おにぎり」を考案。チーズやニンジン、ホウレンソウ、さらにはしょうゆやコチュジャンなどで炒めた豚肉を白米に混ぜ込んだ。「食べ合わせることで眼精疲労などに効くことも。走って頑張った自分へのご褒美に食べてほしい」と笑顔で話した。

 このほか、「エネルギッシュに走れるキッシュ」や「疲れも吹っ飛ぶ! 梅味噌(みそ)チーズカツ」などが選ばれた。

 山根尚同マラソン実行委員会事務局長(54)は「多くのランナーなどに紹介し、メニューを活用してほしい」と話した。選ばれたレシピは、六甲バターが作るリーフレット「マラソンレシピブック」に掲載され、マラソン関連イベントなどで配布される。(吉田みなみ)

2018/9/11

天気(9月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ