• 印刷

 第8回神戸マラソン(神戸新聞社など共催)は18日、神戸市役所前をスタート、神戸・ポートアイランドの市民広場付近をフィニッシュする42・195キロのコースで行われ、女子はスーザン・ジェロティク(ケニア)が2時間31分38秒の大会新記録で初優勝を飾った。

 混戦となった女子は31歳のジェロティク(ケニア)が終盤のデッドヒートを制して初優勝。自己記録を3分近く縮め、大会記録も1分半塗り替える快走に「途中からとても暑かったけど、走り抜く一心でした。とても幸せ」と満面に笑みを浮かべた。

 5000メートルなどトラック種目を中心に走り、初マラソンは昨年10月と遅咲きながら、3度目のフルマラソンで結果を出した。終盤までバヤルツォト(モンゴル)と競り合う中、「41キロで仕掛けようと決めていた。相手が反応していないと気付いたので」と一気に突き放し、終わってみれば10秒の差を付けた。

 故郷では愛する夫がインターネット中継を見守っていたという。「とてもいいところ」と初の日本を満喫したジェロティク。神戸での思い出も含め、夫婦でこの喜びを分かち合うつもりだ。

(山本哲志)

2018/11/19

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ