• 印刷
神戸マラソンのランナーを勇気付けるヒマワリの苗を植える参加者=神戸市垂水区平磯1
拡大

神戸マラソンのランナーを勇気付けるヒマワリの苗を植える参加者=神戸市垂水区平磯1

神戸マラソンのランナーを勇気付けるヒマワリの苗を植える参加者=神戸市垂水区平磯1

神戸マラソンのランナーを勇気付けるヒマワリの苗を植える参加者=神戸市垂水区平磯1

 11月18日に神戸市内で開かれる第8回神戸マラソン(神戸新聞社など共催)のランナーを応援しようと、NPO「ひまわりの夢企画」(同市垂水区)が、コースとなる同区平磯1の国道2号沿いにヒマワリの苗を植えた。本番当日には約千本の黄色い大輪がランナーを元気付ける。

 阪神・淡路大震災の復興のシンボルでもあるヒマワリで感謝の気持ちなどを表そうと、同団体が昨年に続いて実施。同団体は毎年夏、同じ場所でヒマワリの花を咲かせるとともに、東日本大震災や熊本地震などの被災地支援を行っている。

 この日は、同団体や神戸マラソン実行委員会のメンバーら約20人が作業。約50メートルにわたってスコップで土を掘り、ヒマワリが真っすぐ育つよう苗を垂直に植え、優しく土をかぶせた。

 植えた場所は折り返し地点近くの15、22キロ付近となり、順調に育てば、高さ約2メートルのヒマワリがランナーの方向を向いて咲くという。同団体代表の荒井勣さん(72)は「阪神・淡路の復興に対する感謝の気持ちを受け取ったランナーが元気に走ってくれれば」と願っている。(村上晃宏)

2018/9/18

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ