• 印刷
実行委員会総会であいさつする西川公明会長(中央)=神戸市中央区
拡大

実行委員会総会であいさつする西川公明会長(中央)=神戸市中央区

実行委員会総会であいさつする西川公明会長(中央)=神戸市中央区

実行委員会総会であいさつする西川公明会長(中央)=神戸市中央区

 11月18日に開催される「第8回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)の実行委員会総会が27日、神戸市中央区の県公館で開かれた。海外居住ランナーは、22カ国・地域から過去最多の1384人が出走予定。招待選手には、2009年世界選手権日本代表で、西脇工高出身の清水将也選手(旭化成延岡)ら35人を選出したことなどが報告された。

 招待選手で、持ちタイムの最高は、男子はウェルジュ・ネガシュ選手(ノルウェー)の2時間9分14秒、女子はムンフザヤ・バヤルツォグト選手(モンゴル)の2時間31分12秒でいずれも過去最速となる。日本人選手は、篠藤淳選手(山陽特殊製鋼)▽松山治選手(ユニバーSC)▽上谷聡子選手(西川ランニング教室)▽下山かなえ選手(MDホームズ)-ら兵庫ゆかりの選手が多数選出された。

 大会ゲストは有森裕子さんと金哲彦さん。ゲストランナーは、渋谷俊浩さん▽谷口浩美さん▽中山竹通さん▽小林祐梨子さん▽重友梨佐さん-の5人となる。

 また、第9回は2019年11月17日の予定で、海外居住ランナーの招致に力を入れ、約2千人の出走を目指す方針を明らかにした。

 実行委の西川公明会長は「西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震と災害続き。被災地の力になる大会にしたい」と述べた。(井上 駿)

2018/9/27

天気(9月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ